2017年04月/ 03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月
--.--/-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑
2010.10/03 (Sun)

大奥

大奥、胸がぎゅーってなりました。

20101002大奥

今日は、本当に意を決しての、紅葉10数年ぶりの映画館へ…。
大奥を観に行ってきました。
一緒に行ったのが、ヲタではないんだけど、普通に嵐好きだから大奥観たい~と言ってた子で。
ディズニー好きの友達なので、午前中から一緒にインパして、夕方にイクスピアリで観たよ。
インパ前に席取りに行ったんだけど、良い感じの列のセンターが空いてたからそこで。
観やすいところで観れました。

午前中に忠くんから、映画見てねのメールも来てたし(´∀`*)
なんかメール久しぶりですよね!
鏡花水月以来、かな??

話を大奥に戻して…。
昨日すでに観た人の感想を少し読んでた感じだと、すごく良かったってことで。
だから期待してたんだけど、本当に良かったです。
正直忠くんの出番は少ないけど(そりゃ、撮影期間5日だもんね)、
それでも観れて良かったなぁと思います。
泣いてる人も結構いて・・・あたしもおそらくニノ担だったら泣いてたな。笑
友達もどうやら泣いてたようです(´・ω・`)
でも大倉担紅葉は、人と違うところでうるうるしてましたww

忠くんは、表情がすごく印象的な役でした。
大奥らしい感情を表に出すのも鶴岡だったし、そういう意味では本当に重要な役だったと思います。
(そりゃぁみんな重要だけど;)
きっと難しい部分もあっただろうけど、忠義の良さも出てたと思うし、殺陣もかっこよかったです。
それ以外のネタバレ感想は、追記に書く!笑


…そんなこんなで、無事に紅葉も大奥観賞できましたv
ほんとに良かった!!!
ぶっちゃけね、結局映画館克服とはいかなくて、やっぱり苦手だなぁ;って思ったしね、
きっとこれからも自分から映画観たいって言うことはないと思うけどね、
やっぱり大きいスクリーンに映る忠義を見た時は、胸がいっぱいになった。
ドラマと何が違うのかと言われたら分かんないけど、すっごいかっこよかった!
それを感じられたことがすごく嬉しいです。
それに、がんばれば2時間くらいはいける!ってことが分かったのでw

家に帰って来てからパンフ読んだら、ちょっとまた観たくなってきたー。笑
でも劇場はなぁ…(´;ω;`)
まだ始まったばっかりだし、もっかい行くか迷い中です。
ってか、阿部サダヲさんがすごく良い役で、彼にめちゃくちゃ引き込まれました。
これから観る人、彼にも注目。笑
そして、エンドロールの製作のところにジュリーの名前があったことに、地味にウケましたw


∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞
いつもありがとうございます!よろしければポチっとお願いします♡
ジャニーズブログランキング  
WEB拍手
∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞ ∞


追記には、ネタバレの感想文。
忠くんの映画初出演作品ってことで、超気合入れて感想書いてみた。笑


今回、忠くんの表情で一番語られていたのは、『嫉妬』の心でした。
担当の贔屓目かもしれないけど、もうそれがすごく上手でね…。
観てるこっちまで胸が痛んだし、泣きそうにもなった。
大奥の中であたしが一番うるうるしたシーンは、鶴岡が松島に振られるシーンでしたもん。

最初の登場はCMとかでも流れてる松島と寄り添うシーンで、
そこで松島が水野のことを紹介する部分ですでに嫉妬してて。
もうね、鶴岡さん超美しいんだけどね!

水野との道場のシーンでも、表情がめちゃくちゃ良かった!!!!
「拙者の方がずっとずっと美しいわ」って語るシーンがすごく好きv

そしてそのあとの、松島に振られるシーン。
ってか、「触れるな、見苦しい。」って、松島ヒドイ(´;ω;`)
鶴岡が水野に負けたから、松島にとって鶴岡はいらなくなっちゃったってことなのかな。
松島は自分の出世のことしか頭にないような感じだったけれど、
鶴岡はきっと本当に松島を愛してたのにね。。。
実際の大奥もきっとそういう憎悪や嫉妬の渦巻く世界だったんだろうけど、
やっぱり鶴岡に感情移入して観てしまうので、切なかったです。

で、水野との真剣対決からの自害。
この水野との対決あたりで、きっと鶴岡は最後はそういう結末になるんだろうな…って感じてしまって(だって出番少ないはずだし…)、
すっごいドキドキしながら見てた。
乱心してる感情もすっごい伝わってきて。
切腹のところでは、仕事人で最後に炎で焼かれてるシーンが頭に浮かんでしまって、更に切なくなっちゃって…。

きっと彼は自害を選ぶしか道はなかったんだと思うけど、
必要なのは美しい顔と処世術、という世界とか、なんて哀しいんだろうって思った。
うまく言えないけど、きっとそういう世界じゃなければ鶴岡もこんな思いしなくて済んだのにね。
でも、数百年前の日本に、本当にあったことなんだよね…。


忠義の出番は、この計4シーン、かな?
忠くんのことについてばっかり語ってしまいましたが、鶴岡が死んじゃった後も物語にすごく引き込まれました。
最後は大きな愛が伝わってきた。
うん、見れて良かったです。



この鶴岡役は、忠義にとってすごく良い経験になったことでしょう。
忠くんにはこれからも、もっといろんな役に挑戦して欲しいなあ~(*´∀`*)





スポンサーサイト
EDIT  |  00:41 |  忠義♡鶴岡@大奥  | CM(1) | Top↑

Comment

●管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
 |  2010.10.03(日) 14:39 |  |  【編集】

コメントを投稿する

URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示
 
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。